Read more...">

柄沢 祐輔

1976年生まれ。建築家。柄沢祐輔建築設計事務所主宰。情報論的、あるいはアルゴリズム的な思考を軸とした建築・都市空間の探求を行なっており、『10+1』48号「アルゴリズム的思考と建築」特集(INAX出版、2007年)では責任編集者として編集を行なった。2011年英国D&AD賞Spatial Design部門受賞。主な展覧会に「日本の家 1945年以降の建築と暮し」(MAXXI国立21世紀美術館、バービカン・センター、東京国立近代美術館、2016-2017)、「Japan-ness. Architecture and urbanism in Japan since 1945」(ポンピドゥー・センター・メス、2017-2018)など。