神村 誠

デザイナー。神村図像設計代表。タイポグラフィを中心に、広義の文化事業としてのデザインを行う。2014年に東京から岐阜へ移住、現在は国内外を移動しながら制作・研究活動を続けている。「ÉKRITS / エクリ」のロゴタイプ・欧文タイプフェイスの制作を担当。