合原 織部

京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程。最近の論文に、「猟犬の死をめぐる考察―宮崎県椎葉村における猟師と猟犬の接触領域に着目して」大石高典・近藤祉秋・池田光穂(共編)、『犬からみた人類史』勉誠出版(2019年)がある。