Read more...">

河野 三男

1949年、東京生まれ。元オックスフォード大学出版局勤務。タイポグラフィを中心とした執筆活動と教育に従事している。主著に『タイポグラフィの領域』(朗文堂 1996)、『評伝 活字とエリック・ギル』(朗文堂 1999)、共著に『欧文書体百花事典』(朗文堂 2003)など。東洋美術学校と東京デザイナー学院で非常勤講師を務め、京都造形芸術大学で特別講義を行なっている。